こむすぽは、スポーツの新しい価値を発信するwebメディアです。
Community&Communication×Sports

【イベントレポート】運動レクをしながらリアル謎解きゲーム-4月、埼玉・越谷で開催

2016年5月20日
LINEで送る
Pocket

こむすぽ編集部

4/29(昭和の日)の午前、埼玉県県民健康福祉村で【謎解きバトル~みんなの頭脳と勇気でミッションをクリアせよ!~】のイベントを開催しました。

13095779_989263744442606_5761581667652729446_n

このイベントは、「あそつく」というプロジェクトの一環。「遊びを一緒につくる」の略で、メンバーの誰かが遊び(企画)を提案して、賛同者がある程度集まったら実現します。
一個人、一家族だけではなく、何組かの家族や個人が集まって大勢になってこそ楽しめる遊びをすることが目的です。
過去には、「餅つき&羽根つき」「水鉄砲遊び」「お菓子の家作り」などのイベントを行い、水鉄砲遊びの際の様子は以前こむすぽにも掲載しました。

金魚すくいで使う「ポイ」を作ってみた(金魚はすくわないけれど) ——水鉄砲合戦遊び(イベント)の裏話

今回のゲームは、チームで5つある謎を解きながらミッションをクリアするのですが、各ゲームの勝者のみ1つの謎のヒントをgetできるというルールで行いました。

13062146_857110284418527_2982422364916360472_n

具体的に行ったゲームは以下の5種類です。

ゲーム1:リングビー渡し

チーム内でリングビーを後ろに渡していくゲームでスピードを競います。


ゲーム2:二人三脚リレー

極力親子でペアになっていただき、二人三脚で走る速さを競います。


ゲーム3:リングビーとり

中央にある7つのリングビーを1つずつ自陣に持ち込み、一番最初に3つ揃えたチームが勝ちになります。


ゲーム4:横 つなひき

長縄を使って、対戦相手が交互に並んで自陣に縄を引っ張ります。

ゲーム5:ハンターごっこ

TV番組「逃走中」をイメージして、黒シャツにサングラスをかけたハンターを交わしてヒントを獲りに行きます。

そしてgetしたヒントも参考にしながら、最終的に全4チームがミッションをクリアしました!

参加者は子ども24名と保護者、また大人スタッフ9名で盛り上がりましたが、

「チームで協力して考えたり体を動かすことを楽しんでほしくて参加しました。小さい子から大きい子も一緒に楽しめてとても良いイベントでした。ありがとうございました。」
「親子で協力して競技をしていく姿がとてもよかったです。ただ競技を競うだけでなく、謎解きをするところがよかったです。」
「親子で二人三脚をするのは初めてだったので子供と楽しめました。」
「子供たちががんばっている姿がよかったです。」
「ハンターお疲れ様でした!頭と体を使ってよく内容を考えてくださっているなと思いました。」

といった嬉しい感想をいただきました。

このイベントは以前、他地域の子ども会の役員の方にも興味を持っていただきましたし、ご相談・ご依頼もお待ちしております。

13094137_857091684420387_5665022723874881883_n

LINEで送る
Pocket

Tagged under