こむすぽは、スポーツの新しい価値を発信するwebメディアです。
Community&Communication×Sports

インターネットで集客したいスポーツ事業者が最低限すべき3つのこと~新たなソーシャルビジネスモデルとして~

2015年8月21日
LINEで送る
Pocket

地域スポーツクラブの8割がホームページをまったく更新していない――。

これは公益財団法人東京都スポーツ文化事業団が昨年度まとめた調査によるもので、「(更新を)全くしていない~月に1回程度」という回答が全体の80%を占めていました。

石井邦知(こむすぽ編集長)

専門家でもないのにネット集客講座を開催した理由

地域スポーツ事業者にはホームページ管理運営が浸透していないのでしょうが、更新頻度を増やしたり、しっかりと構築したりすることで、集客面でより良い効果が出せます。
私が埼玉県川口市を拠点に運営している総合型地域スポーツクラブ「きゅぽらスポーツコミュニティ」では今年、ホームページの改善を進め、多い時で月35人前後、少ない月でも20人以上の新しい方にバドミントンやバレーボール、フットサルなどのスポーツに参加していただけるようになりました。

ホームページを通じて申し込んだ方は20代~40代・50代まで幅広いのですが、一つ分かってきたのは、「川口(とその周辺)には住んでいるだけで地域とはそれ以上の関わりを持っていない」方が多い傾向にあることです。川口のような東京のベッドタウンでは「地域のつながりが希薄」という課題を抱えているところが多いでしょう。
こうした傾向から、一クラブの新規参加者が増えたということにとどまらず、「(スポーツを通じて)新旧住民関係なく交われる新たな地域像をつくっていける」「一つのソーシャルビジネスモデルになり得る」とも感じました。

そこで川口にあるコワーキングスペースを利用して、5月から8月まで毎月1回ずつ初心者向けインターネット集客講座を自ら開催しました。

11666966_1606900462928735_1123931272_n

講座の参加者が一番知りたかったこと

講座は「現状把握」と「情報発信」を主なテーマとして構成しました。

「現状把握」とは具体的に、解析ツールを活用してどのような検索ワードで自社のホームページにたどりついているのかを知る方法やその他自社や市場の現状把握をするために有効な無料ツールを紹介しました。

一方、「情報発信」では、web上で発信する内容の選び方や表現手段の話をしました。

4回行って参加者の合計は20人ほどで、個人で川口を拠点に事業している方が参加。意見は以下のようなものでした。

・なんとなく知っていたことをより具体的に知ることができてよかった
・解析ツールが昔とだいぶ変わったようで参考になった
・現状を把握できていないということに気づけた
・ホームページやfacebook、ツイッターに関する新しい知識を得られてよかった
・話を聞いていてインターネットでの集客の必要性を痛感した

やってみて分かったのは「集客法のプロセスはわかったが、費やせる時間は限られている。何を優先的にやればよいのかを知りたい」と思っている方が多いということです。

この本音は冒頭に挙げた、「ホームページの更新が月1回程度」の地域スポーツ事業者も同様かもしれないと思いました。「最初の一歩を提示することが重要」と気づかされました。そこで今回、私が重要と考える一歩目を3点紹介します。

時間が限られた中でも最低限取り組むべき3つのこと

1.ホームページのQ&A(よくある質問)を充実させる

直接でも電話でもメールでも、質問を一つひとつ掲載し、それに対する回答を盛り込む。それにより時間の効率化をはかれますし、丁寧な印象も与えられます。

質問を一つひとつ掲載したことで、質問されることが激減し、いきなり申し込みということが増えました。

2.スマホでどのように見られているかをチェックする

ホームページの更新自体はパソコンですることが多いでしょうが、今はパソコンより、スマホで情報収集する割合のほうが高いです。「パソコンで見た時は一番上に表示されていても、スマホで見た時は一番下に表示されている」といったこともよくありますので、実際に確認をして見え方が異なることを知り、そこから対策を講じることが重要です。

3.タイトルをしっかり考える

ホームページのタイトルもあれば、1記事ずつのタイトルも含まれます。

どんなに内容が良くても、入り口となるタイトルがよくなければクリックされません。つまり見てもらえません。検索で引っかかりやすいキーワードや興味をひく言葉を入れましょう。

書きためてある記事があるのでしたら、そのタイトルを修正するだけでも、見てもらいやすくなる可能性がありますし、最初の一歩目の改善としておススメです。

講座依頼バナー

石井 邦知 ISHII Kunitomo

ishii-kao

2011年2月に埼玉県川口市を拠点に総合型地域スポーツクラブきゅぽらスポーツコミュニティを設立。主に(フットサルやバレーボールなどの)チームスポーツと(異業種交流、国際交流などの)テーマを掛け合わせたスポーツレクリエーション活動を行い、新たに30以上の新規の企画創出(協働を含む)を実現。

これまでの取り組みの標準化と他地域の展開を目指して、2014年3月に一般社団法人日本コムスポーツ協会を設立(代表理事)。

http://twitter.com/ComComSports

LINEで送る
Pocket

Tagged under