こむすぽは、スポーツの新しい価値を発信するwebメディアです。
Community&Communication×Sports

公共スポーツ施設でスポーツ教室ではなく交流イベントを

2017年6月28日

全国にある公共のスポーツ施設やコミュニティ施設を多くの人々が利用されていると思います。

施設では各々が特定の関心のあることに打ち込んでいて、そのこと自体はよいのですが、
「関わりを持てるのは一部のメンバーだけ」「利用者の横のつながりができない」など、多くの人々が訪れていながらコミュニティ機能を果たせていないとお悩みの施設関係者もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、年1,2回ほどイベントを主催する施設もありますが、どのような企画が適しているか悩んでいる方も多いでしょう。

実際にそのような悩みに応える形で2015年度にイベントを実施しました。

DSC_8426

場所は東京都港区内にある神明いきいきプラザです。

こちらは体育館も有するコミュニティ施設で体育館は6階にありますが、1階には喫茶スペースが、4階にはトレーニングルームや音楽スタジオ、5階には子ども中高生プラザ(児童館や学童クラブの機能がある)というように様々な公共機能を兼ね備えています。

しかし4階と5階など、フロア間の交流が皆無だったことで、そのつながりを生み出すべく、子どもとシニアの方が一緒になって楽しめるイベントを夏休み期間に開催しました。

具体的に行ったゲームは以下の3種類です。

1.じゃんけんゲーム

2人でじゃんけんをしていって負けた人は勝った人の後ろにつくというようにして、最後は一列の長い列車になります。

0819

2.人間知恵の輪ゲーム

1つの内側を向いた円を作り、両隣以外の人と、ランダムに手をつなぎ、手を離さずに、もつれている手をほどき、一番簡単な円にほどくことができたら達成というゲームです。

DSC_8413

3.紙飛行機遊び

シニアの方々も子どもの時には必ずと言っていいほどやっていた遊びであり、一緒に折って楽しんでいました。

DSC_8415

そして実際に参加した子ども、シニアの方々からは、「この前のレクは楽しかったよ」「家に帰っても紙飛行機作った!」等々、さまざまな反応がありました。

こむすぽとしても、このように多世代が交流できるイベントこそ公共施設に必要と考えておりますので、ご相談・ご依頼も随時お待ちしております。

※その他の公共スポーツ施設イベント事例
目白台運動公園フェスタ(東京都文京区)

東京都文京区にある目白台運動公園にて、「目白台運動公園フェスタ」と題して様々なスポーツを体験できるコーナーが設けられました。
その中で当初はリングビーをやってほしいという依頼でしたが、リングビーに限定せず、様々な遊具を用意し「投げる」と「打つ」ことそのものを様々な形で楽しんでもらいました。(時間:天候の関係もあり約90分、親子は出入り自由)

↓↓主宰者様の声↓↓
「体育の日ということもあり、普段スポーツをしない方々へ、スポーツを気軽に体験できて楽しめる機会を提供したいというのが一番にありました。その中でリングビーは、広いスペースで子どもでも安全に楽しめるニュースポーツで、以前実際に体験して、その投げる楽しさを理解していたので、企画をお願いしました。当日は雨の影響を受け、残念な部分が多かったですが、その中でも来ていただいた皆さんはリングビーのことを知らなかったですし、楽しんでいただけてよかったです。」

※公共スポーツ施設のイベント企画のご相談・ご依頼はこちら

イベント担当者の紹介

プロフィール

石井 邦知(ISHII Kunitomo)

1982年、埼玉県生まれ。中学高校では野球部に所属。
埼玉県立浦和高校から筑波大学に進み、大学では社会工学類都市計画を専攻。
2006年に卒業し、営業アウトソーシング会社で主に法人営業に従事、
イベント企画運営会社で主に広報やイベント運営に従事の上、2011年に独立。

マラソンなどの個人型スポーツが地域で流行っている一方で、地域のつながりが希薄になっている現状に矛盾を感じ、チームスポーツの普及で解消できないかという思いから2011年2月に埼玉県川口市を拠点に総合型地域スポーツクラブきゅぽらスポーツコミュニティを設立。

下は子ども(園児)から60代の方まで各年代の方が所属していて、年代や業種など異質で普段つながることのない人々がカジュアルに交流し、仲良くなれる場をつくっている。(実施種目は定期的にフットサル・バレーボール・バスケットボール・バドミントン・卓球など、不定期で運動会や球技大会、障害者スポーツ体験、健康関連講座の開催など)

また小学校の学童保育(放課後児童クラブ)でも学年に関係なく一緒に楽しめるスポーツレクリエーションプログラムを定期的に実施している。2015年からは川口市内の小学校の放課後子ども教室コーディネーターを担当。

これまでの取り組みの標準化と他地域との効果的連携を目指して、2014年3月に一般社団法人日本コムスポーツ協会を設立(代表理事)。スポーツの新しい価値を発信するwebメディア「こむすぽ」で掲載した記事は100以上に上る。

その他、東京都中小企業診断士協会内スポーツビジネス研究会、NPO法人スポーツ業界おしごとラボ、富山県体育協会、明治大学商学部、埼玉県自治体職員向け研修、総合型地域スポーツクラブ関東ブロック会議、その他自治体が主催する公開講座などで登壇歴がある。

趣味は旅(国内で行ったことがないのはあと4県、海外は10カ国以上)と球技、その他ユニークな経験として、ミュージカル出演や炎天下(最高気温37度)でのフルマラソン走破(チャレンジ2020)など

☆ラジオ出演した時の音声はこちら(各回3分)⇒第1回第2回

☆現在運営している主なwebサイト
・総合型地域スポーツクラブ「きゅぽらスポーツコミュニティ」 ホームページ
http://www.cupolasports.com/
・きゅぽらスポーツコミュニティ facebookペー
https://www.facebook.com/cupola.sports
・スポーツの新しい価値を発信するwebメディア「こむすぽ」
http://comspo.net/
・子ども向けイベント企画運営×運動遊び
http://ameblo.jp/kouhouman/

 

☆その他メディア掲載実績などはこちら

Tagged under